about us |events |members login |join us |links


2021年の SIGGRAPH ASIA が再び東京国際フォーラムで開催されることが決定しました!
シーグラフアジア 2021 東京
会期:2021年12月14日〜17日(4日間)
会場:東京国際フォーラム

「シーグラフ東京 第101回セミナー」

ビジュアリゼーションワークショップ、同時開催セミナー(オンライン開催)


2/19「シーグラフ東京 第101回セミナー」 ビジュアリゼーションワークショップ、同時開催セミナー(オンライン開催)のお知らせ
2月19日(金曜日)のシーグラフ東京セミナーは
可視化情報学会主催の第4回ビジュアリゼーションワークショップとの同時開催で行います。
全てのセッションはオンライン開催です。
事前に参加登録をお願いします(参加無料)。

http://itolab.is.ocha.ac.jp/visws2021/ ←「参加登録フォーム」より

■ビジュアリゼーションワークショップ紹介ページ
http://itolab.is.ocha.ac.jp/visws2021/

------------------------------------------------------------
http://www.sig-tokyo.org/events/seminar101.html

主催:  TOKYO ACM SIGGRAPH(シーグラフ東京)
開催日: 2021年 2月 19日(金曜日)
時間: 13:00〜18:00
    シーグラフ東京セッションは17:20〜17:50
会場: オンライン開催

13:00〜15:00	
チュートリアル1: aflak: 天文学マルチスペクトルデータの視覚解析ビジュアルプログラミング環境―概念,システム,応用―(藤代一成・打木陸雄)
チュートリアル2: Unity用可視化フレームワークVisAssetを用いた可視化アプリケーション開発(川原慎太郎)

15:10〜15:40	
基調講演1
企業での可視化の取り組みを踏まえた、人工知能と心理学研究のブルーオーシャン
機械学習を用いたSNS消費者動向解析・可視化事例と、アセスメントによる組織・人材の可視化事例からの止揚(韮原祐介)

15:40〜16:10	
基調講演2
深い読みにいざなうデータ中心コミュニケーション(脇田建)

16:10〜16:40	
基調講演3
見える気象学入門 −気象情報可視化ツールWvisの開発と教育分野での活用−(新井直樹)

16:50〜17:20	
基調講演4
ニューラルネットワークを使った離散点データの分析と可視化(小山田耕二)

17:20〜17:50	
シーグラフ東京セッション
 全てオンラインで開催した SIGGRAPH 2020 & SIGGRAPH ASIA 2020 レポート(安藤幸央)

17:50〜18:00	
閉会式



シーグラフ東京の入会申し込み http://www.sig-tokyo.org/join_us.html

お問い合わせ等は、シーグラフ東京事務局までお願いいたします。 https://bit.ly/2mlEHhL


■シーグラフ東京のご説明

    シーグラフ東京は、ACM/SIGGRAPHのオフィシャルな地域活動団体として、97年春に設立されました。シーグラフ東京は、
    ボランティアによって運営されている非営利団体(任意団体)です。現在会員向けに、1年に4回以上イベントや、
    機関紙の発行、独自Webの運営等を実施しています。
    今後ともシーグラフ東京をよろしくお願いいたします。

■ボランティアスタッフ募集

    シーグラフ東京 Web Site の制作補助をやっていただけるボランティアを募集しております。会員の皆様のために時間と労働力を御提供いただける方、是非御応募をお願いいたします。
    ボランティアスタッフに関するお問い合わせは下記まで、よろしくお願いします。


お問い合わせ先 シーグラフ東京事務局宛

( 10 / Feb / 2021 Last UPDATE )